デザイン

デザインカンパニー注目のロゴデザイントレンド2019:ブランドニュールック Part2

デザイナーがおさえておきたい、2019年のロゴトレンド。注目のミニマムなデザインやアーティスティックなロゴなど多数のテクニックをご紹介。
avator
Misaki Akimoto
2018-12-26

※当記事の著者について この記事は、 Iveta by graphic mama、Top Logo Design Trends for 2019: The Brands’ New Looksから翻訳・再構成したものです。配信元または著者の許可を得て配信しています。 翻訳協力:Yuji_k様


2019年のロゴデザインのトレンド:

  1. ブライトカラーなロゴデザイン
  2. 複数色のグラデーションデザイン
  3. メタリックなロゴデザイン
  4. 幾何学的な形状のデザイン
  5. ムダのないミニマムなロゴデザイン
  6. ミニマムなタイポグラフィロゴデザイン
  7. ロゴタイプを利用したデザイン
  8. 文字をイラストで代用したロゴタイプのデザイン
  9. アーティスティックなロゴデザイン

(当記事では、上記の5-9をご紹介します。1-4についてはこちらからご覧ください。)

5. ムダのないミニマムなロゴデザイン

ミニマリズムはここ数年でかなり定着しているトレンドだ。シンプルだが、印象に残るのが特徴。ムダは省くが、メッセージがしっかりと伝えられるこのようなロゴデザインを好む企業は多い。 こうしたシンプルなロゴは、あらゆる資料やブランドデザインにもマッチする。

Left:Logo design by Karla Ribelus Right:Logo design by Fernan Natividad

Left:Logo design by Pencil Designs Right:Logo design byTama Logo

ムダのないミニマムなロゴスタイルは、幾何学的な形状のロゴスタイルと調和する。ミニマリズムと幾何学をミックスさせることで、ロゴデザイナーはシンプルでエレガント、かつウィットに富んだコンセプトのロゴをつくりだす。以下のイメージは、制作プロセスと実際の完成図だ。制作する上で参考になれば嬉しい。

Logo design by kostadin_ov

6.ミニマムなタイポグラフィロゴ

前述の通りだが2019年も引き続き、ロゴの特徴は違えど(幾何学的なものやイラスト的、モノクロやカラフルなどの特徴が見られることが多いと思う)我々はミニマムでムダのないロゴを見る機会が少なくないだろう。

多くのミニマムなロゴスタイルは、タイポグラフィを利用したものが多い。このようなタイポグラフィロゴは、ブランド名の1文字あるいは2文字を使用してつくられる。

このようなロゴは、名刺などに社名とセットで並べられることが多いはずだ。以下でいくつかの例をチェックしてみよう。

Left:Logo design by Agata Miller-Kuriata Right:Logo design by Lalu Aan

Left:Logo design by Lalu Aan Right:Logo design by HOLATEAM | Olawuwo Joseph

Logo design by Marka Collective

7. ロゴタイプを利用したデザイン

クリエイティブなロゴタイプ(装飾化された文字・文字列)が2019年のロゴデザインのトレンドの一つになるのは間違いないだろう。こういったロゴの特徴は、ブランド名や会社名をクリエイティブでユニークに、そしてはっと目に留まるような設計が施されていることだ。いくつか例を見てみよう。

Left:Logo design by Dmitriy Malishev Right:Logo design by Logogo Family

Logo design by sweetdnepra7fc

Left:Logo design by Ira Mart Right:Logo design by Garagephic Studio

8. 文字をイラストで代用したロゴタイプのデザイン

ロゴタイプの単語の一部をイラストで置き換えるデザイン。最近はよく見掛ける。 多くの場合は1文字か2文字をイラストで代用する。文字を代替したイラストを見ても、もとの文字が連想されるため、単語の意味が理解できる。ここでいくつか事例を紹介しよう。

Logo design by Phú Hưng Nguyễn

Left:Logo design by Mirlan Nauryz Right:Logo design by Adsomespark Media

9.アーティスティックなロゴデザイン

アーティスティックな感性を生かし、表現ができるプロジェクトを担当することこそがアーティストの夢だ。幸いなことにアーティスティックなロゴやロゴのイラストは2019年のトレンドの一つである。

Logo design by Affectmedia ltd

Left:Logo design by Tia Nellisa Right:Logo design by NOA Agency

この手のロゴをデザインする場合においても、最低限のルールがあることだけは注意したい。 大前提としてロゴはプリントされるサイズに関わらず、ロゴの文字が読みやすくなければならない。 コンセプトや意図を伝えるという点においては、カラーの選択も非常に重要だ。 最後にもうひとつ、ブランドからの希望を念頭に置くこと。例えば、こんなリクエストがあるかもしれない。

  • ブランド名や社名の最初の文字は必ず取り入れること
  • 指定されたカラーシェードを使用すること
  • 希望のテイストやスタイルでデザインすること

などだ。以下を参考にしていただきたい。

Logo design by Riyad Biswas

Left:Logo design by Camille Poly Right:Logo design by Thisun Chandrasiri

おわりに

2019年もロゴデザインのトレンド動向を追うのに非常に面白い年だと言える。ブランドに力を与えるような明るい色調や色彩豊かなロゴが見られるだろうし、シンプルさやムダを省きつつも、エレガントなスタイルを保てるデザインもある。様々なスタイルのタイポグラフィロゴなどもご紹介した。

いかがだったであろうか。あなたの考えやご意見をぜひシェアいただけるとありがたい。

流行りのロゴの特徴は、グラフィックデザインのトレンドをおさえることでキャッチアップすることも可能。

2019年のグラフィックデザインのトレンドについては、併せて以下の記事を読んでいただきたい。 UIデザイナーが注目する、2019年のグラフィックデザイントレンド 12選 Part1

トレンド
グラフィックデザイン
ロゴ
2019
デザインパートナーをお探しではありませんか?
オハコはデザインと実装の力で、サービスをゼロから形にするデザインコンサルティング会社です。 サービスの成長から逆算し、最適なプロジェクトをデザインします。
デザインについてのご相談は下記よりお問い合わせください。
avator
Misaki Akimoto
プロダクトマネージャー/ Product Huntをチェックするのが日課です^^